Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
part.1~part.5及び外伝はこの下の記事
説明とか吹っ飛ばします

この辺でそろそろ終わると思うんですがねぇ・・・
長くなった旅行記もお終い
ちょっとした写真とかを載せます


画像 064

トイレ休憩の場所で撮った空
段々畑を思い出しました

画像 018

よく見ればど真ん中の鳥が見えるはず!

画像 065

走行中のバスから河原の砂利を撮るのは僕くらいでしょうね
絨毯に見えるかも知れませんが、砂利です

画像 056

適当に押したらど真ん中に柱が来たという奇跡
別に奇跡でも無いですけどさ

画像 013

個人的にこの度でのベストショットです
京都にもユーモアのある人って居るんだなァ
流石関西!
欲しかったけど別に要らんかと思って止めました


日帰りの旅行でしたが、楽しかったですよ!
来年からは子供会ではないので、これが最後の行事となった僕でした


↓全7記事に及ぶ旅行記、良いと思ったら押してやって下さいませ↓
ブログランキング・にほんブログ村へクリックしてね♪
 
スポンサーサイト
part.1~part.5はこの下
説明とか吹っ飛ばします

外伝では旅行の中で見つけたちょっとした物を紹介するつもりです
part.1~part.5とは違って、身近な感じを目指しました
メインは写真ですけどね


画像 019

こぢんまりとしたパン屋さんにて
目の前で淹れてくれるので時間はかかります

画像 021

ブラックも良いけどクリーム入れるのも好きな僕
甘すぎないのが良いですね
かき混ぜてないので不思議な感じの色

画像 020

パン屋さんなのでパンも買いましたよ

少しお話しさせて貰いますとね、こちらの店では知的障害者の方も働いておられます
自立するために共同でのお仕事
レジなどは知的障害者の方も受け持っていました
頑張っている姿が印象深いです

パンはこの場では頂かず、帰りのバスで食べました
冷めてしまっているけれど、優しさによって柔らかい口当たり
モチモチっとした美味しいパンでした

パンの種類も豊富でコーヒーも美味しい店
優しさに触れることが出来る店だと思います

紅葉も綺麗だけど、こういう小さな店って何処か「きれい」ですよね
 
part.1&part.2&part.3はこの記事の下
説明とか吹っ飛ばします

寺、水辺と来たので今回は植物系メイン
行った先々で見た花とか植物を載せます
量的には一番少ないんじゃないかな


画像 014

道に突き出ていた南天に目を奪われ、覗いてみるとそこには呉服屋さんが!
店頭で端切れを売っていたので母と眺めていました
名古屋にああ言う着物屋さんって少ないので良い機会ですよね
手製のポーチとか小物入れとかも売っていましたよ
流石に撮していませんがね

画像 015

同じ店で撮った南天
近寄ったから綺麗に取れているでしょう?

画像 016

黄色い南天の存在を初めて知りました

画像 017

せっかくなので競演して貰った赤と黄の南天's
これ以上寄ると赤が見えなくなるんでお許し下さい

画像 043

少し小高いところにあったお宅を撮らせていただきました
朝顔ですよね
本物か造花かは分かりません
一般のお宅ですので問題が有れば消します

画像 044

茶店とかの前に傘を差した台があるでしょう?
そこから見えた花です
何の花かは分からないんですよね、残念ながら


続く.........
 
part.1&part.2はこの記事の下
説明文は吹っ飛ばします

水辺シリーズまだまだ続行中!
無駄に今回の旅では水辺が多いのです
別に名所とかでもないので軽い気持ちでご覧下さい


画像 034
画像 035

先程の橋の上から撮った写真
水鳥ですね
鳥の名称までは知りません
べっ別に調べるのが面倒だったワケじゃないんだからねっ!

画像 038

橋の下を見下ろすと魚がいました
真ん中に大きい奴が写っているでしょう?

画像 039

ぶれちゃって申し訳ない
山をアップで撮ってみました

画像 042

さっき渡った大きな橋ではなく、横断歩道位の長さの小さな橋
向こうにはお土産を売る店がありますね

画像 040

大きい方の橋の端っこを撮ってみました
中州(?)が綺麗な緑ですね

画像 041

逆に向こう岸にいる水鳥(鴨?)を撮りました
上の写真と比べると流れが速いのかしら?
ホント水辺を撮りすぎだと思います


続く.........
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。