Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20090123-00000569-san-soci-view-000.jpg

植物だったら黙って成長を見守るべきじゃないんですかねぇ

ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です


KY(空気が読める、読めない)が、人間関係の鍵を握る昨今。とうとう空気を
読んでくれる玩具が登場した。発売は20年9月。小さな葉っぱに話しかけると、
2枚の葉を揺らしたり、茎を大きくかしげたりして、うなずいてくれる。

「音に反応しているように見えますが、実は会話のリズム、つまり、空気を読んでいます」

 こう説明するのは、開発担当者でデジタルエンタテインメントマーケティング部
の池田弥代さん(28)。試しに「元気?」と声をかけると、「うん」と答えるかの
ように、絶妙のタイミングで葉っぱが“首”を縦に振る。家庭や職場での「話し相手」
として、販売3カ月で5万個を売り上げた。

通常、こうした商品開発は長くて2年だが、こちらは5年。試作品も「普通の30倍は
作っています」。かわいい外見ながら、使われているのは高度な技術だ。それが
「KYプログラム」。岡山県立大学の渡辺富夫教授(知能情報処理学)による「うなずき
理論」をベースに実用化された。

この理論は、人間は会話する際、うなずくなどの動きにより円滑なコミュニケーションを
行っているということに着目したもの。開発当時、注目を集め始めていた「KY」から
名付けられた。また、「バイオメタル」という技術も採用。電流を流すと筋肉のように動く
細い繊維状の装置で、生き物のような動作が可能になった。

当初は、こうした技術への興味から男性購入者が多かったが、インターネットなどで
評判が広まり女性にも人気に。購入者の半数が30、40代と予想よりもやや高めの
年齢層に受けている。6月には花をモチーフにした新商品「花っぱ」を発売予定だ。

「お父さんは空気が読めないから勉強になるかも、と娘さんが買っていかれたことも
あります」と池田さん。「話を聞いてもらうと癒やされる」という声が多く、「生活に
取り入れていただければ」
        [Yahoo!ニュースより]


むー・・・変わった技術ですねぇ
ただ単に音に反応してるだけじゃ無いのかしら

こういう物の開発に5年間ですか
もっと実用的な物をお願いしたかったです
玩具ったって子供の遊び用とかさ
飽きたら速攻で捨てられそうですよ、これ

ニュースの記事はこちら(別窓)から
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1490-ca49c2c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。