Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ジーパン 履き古し3本で椅子に 名古屋の専門店が商品化

20090221-00000014-maip-soci-view-000.jpg

誰も僕の意見何て気にしないとは思いますけどさ

ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です


デザインが多様で、使い込むほど味が出てくるジーパン。もう履かないのに、
なかなか捨てられない人も少なくないはずだ。名古屋市東区のソファ専門店
「NOyes(ノイエス)」は今月から、そんなジーパン3本で1個のオリジナル
スツール(椅子)を作り始めた。エコ精神と思い出の保存を兼ね備えたこの商品、
早くも問い合わせが相次いでいる。

社長の牧謙次郎さん(36)は03年に同社を設立。兄が経営する工場で製造する
ソファの販売を手がけ、ネット通販で業績を拡大してきた。昨年5月、自社商品を
通じてエコ運動に参加するアイデアを社員から募集する中で、今回のジーパン
スツールのアイデアが生まれた。

大人のジーパン3本から床に接する面を除いた5面分の布を取り、クッションを
着けた45センチの木製立方体に張り付ける。ひざ上などの穴が開いた部分は、
別のパンツから取った布をあてがう。仕上げるのはベテランのソファ職人だ。

側面に並ぶポケットはそのまま小物入れにも使えそう。オーナーとの歳月を刻み、
変色した留め金やほつれた縫い目、飾りヒモにも、アンティークな香りが漂う。

制作期間は約20日間で、価格は3万6720円。今月14日の発表後、東京と
名古屋のショールームに展示中の試作品を見たり、ホームページにアクセスした
人からの問い合わせが殺到している。

牧さんは「エコへの貢献と、思い出を残す2場面で役立てれば」と話している。
同社のホームページはhttp://www.ny-k.co.jp/



でもユニークだと思います
自分の穿いたジーパンが、自分の座る椅子になるんですから

置き換えてみましょう
ジーパンが旦那、人間が奥さん
その心は?
「どちらも尻に敷かれる」
上手いこと言おうとしてスべった感が丸出しですね

僕は中々物を捨てられない性格ですので、着れなくなった服は大量にあります
でもジーパンはあんまり無いなァ・・・
母親も着れるし、すり切れるほど穿きませんもん
今穿いてるのも去年買った比較的新しい奴です
そろそろオシャレに目覚めろよ、僕
 


エコ、エコと言いますが、
それほどメリットはあるのでしょうかねぇ
経済危機だったら少しでも安い物を買えばいいのに・・・
家具だって安いですよね、品は多少悪いですが
 

ジーパンって最近履かないですね!
昔買ったビンテージとかもはや履けない体になってしまいました。
ORZ

2009.02.21 23:59 URL | @ハナジン #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1576-3812683f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。