Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

“生きる”魚の迫力…横浜・八景島の挑戦

20090318-00000555-san-soci-view-000.jpg


横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)の水族館「アクアミュージアム」
にある深さ8メートル、水量1500トンの巨大水槽内。10メートル四方の巨大網で
魚を一網打尽にする漁師さながらの巻き網漁が行われた。

「水中では会話ができないため手振りでコミュニケーションをとりながらの作業。
全員が未経験の作業で大変な面もあったがみんなで力を合わせました」と、
飼育技師の安部奏さん(36)。魚担当以外にも海獣、販促担当まで総勢14人を
動員し、捕獲に成功した。

オープン17年目にして初めて同水槽の内容を変えるために、1月下旬~2月上旬に
かけて行った魚の大引っ越し作業だ。

20日から公開される新たな展示内容は、国内最多5万尾ものイワシが織りなす
壮大な群泳。イワシを食べるサバも同居させ、弱肉強食の自然界まで再現した。
変わった八景島を見てほしい-。従業員一丸となっての挑戦だった。水槽内を
従来の熱帯から温帯へと変えるため、9割以上、約2000尾が別の水槽や水族館
へ移動することになったのだ。

イワシの群泳の行動展示は、10年以上前に三浦半島の定置網を見たときから
温めていた飼育員たちの夢だという。「イワシの群れと、イワシをえさとする魚が
かかった。1尾は小さいが、食べようとする魚から大群となって逃げようとするイワシの
回避行動の迫力ある動きに魅せられた。自然界のありのままの姿を見せたいと思った」。

この行動展示では、1日あたり数十尾のイワシが減るため、定期的に補充が必要と
なる。イワシが全滅しない程度のえさの配布など、従来よりも気を遣う飼育となる。

「ここまで明白に行動展示をうたった水族館はないはず。お客様の反応が楽しみです」。



ホントは当日にニュースにしたかったんですが間に合いませんでした

ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です

申し訳ない、その日は画像を保存したところですっかり忘れていました
よく有るんですよ、僕ってうっかり者ですから
3日遅れたニュースじゃ新鮮味がありませんけど、魚は新鮮なんで許してください
でも捌くことは出来ないんで重ね重ねお許し下さい

引っ越しって大変だと思いますけど、魚の世界も同じですね
むしろ魚からすれば引っ越しってか拉致に近いですけどさ

騙されているような気分なんでしょうかねぇ
僕は魚じゃないんで分かりません
当たり前ですかそうですか!
偶にはボケて見たかったんだよ、ツッコミだってボケたいんだよ・・・!
少し黙ってろって感じですね分かります

このニュースは二部作で行いますので、次の記事もお楽しみに

こんな所でCMにしてどうするんだって感じですね
すいませんさっきまでお笑い系のテレビ見てたもんでついついボケたくて・・・
最近真面目に芸人になりたいとか思ってしまいます
相方居ないけどさ!寂しい僕だけどさ!

こんな所で人生設計せずにまずテスト勉強しろって感じですね分かります
来週の日曜日が全県模試とかもう笑うしかないよあはははは!

夜はテンションが謎です、はい

というわけでハイスピードで進んでしまいました
魚の泳ぐ速さなりにハイスピードだったかしら?
それは無理ですごめんなさい
それでは、次の記事で引っ越し後の魚たちをお楽しみ下さいませ
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1649-670dfe6a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。