Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

<海中観測計>16年ぶりに謎の発見 250キロ離れた石狩に


20090328-00000004-maiall-soci-view-000.jpg


92年に日本海海底に係留され、その後回収できなくなっていた、水温などの
観測機器が、直線距離で約250キロ離れた北海道石狩市で発見された。
16年余の年月を経ても汚れはなく、関係者は「誰かが回収し、きれいにして保管
していたとしか考えられないが、いったい何のために?」と首をかしげている。

回収されたのは、水温と水深を測定する「アンデラー水位計」(長さ約45・5センチ、
直径約13センチ)と、ガラス玉をプラスチックのカバーで覆った「浮き」(直径約45
センチ)2個。総重量は約80キロある。2月1日に、石狩市厚田区望来の正利冠川
河口から100メートルほど上流の川岸に漂着しているのが発見された。

この機器は、独立行政法人・水産総合研究センター北海道区水産研究所
(北水研、釧路市)が、海草類が枯死する「磯焼け」の解明のため92年9月15日、
奥尻島北西沖約170キロ、水深3400メートルの日本海に480キロの重りを付け
ロープで海底に係留。その後、回収を試みたが失敗して放置されていた。

機器には、メモリー容量いっぱいとなる92年9月15日~94年2月17日の水温と
水深の1時間ごとのデータが残されていたが、損傷はなかった。また、汚れや
付着生物もなく、ボルト類のさびもほとんど見られなかった。

北水研の北川大二業務推進部長は「漂着はあり得るが、16年間海中にあった
状態ではない」と指摘。(1)何らかの原因で機器が海面に浮上(2)どこかに
漂着(3)何者かが回収、保管(4)再び放棄--の可能性が考えられるという。



何はともあれ、見付かって良かったのかしら・・・?

ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です

16年かけて250キロを旅した水位計の話
まさかの映画化もありえ・・・ないか、そうですよね分かってますよ
こんな映画が出来てどうするんだって話よ
完全に冗談です申し訳ない

誰が保管したんでしょうか
こんなもの持ってて意味なんか・・・無いと、思うんですよ僕は
もしも僕が拾ったらゴミ捨て場に直行です

そうならなくて良かったわね!水位計ちゃん!

少しばかり愛着を持ってみました
ダブル水位計
よく見たら可愛いじゃない!この子達!双子ちゃんよ!
そろそろ僕は散れば良いですね

それにしてもこの女の人、もう少し明るく生きましょうよ
 

16年前!
19歳だったなあとおもう今日この頃!

2009.03.29 04:02 URL | @ハナジン #- [ 編集 ]

きっと誰かが拾ってまた捨てたんだと思いますけど、
そう考えると夢もファンタジーもないですね。
そうだ!あれはきっと時空の狭間を旅してきたんだ!!
それはそれで厨二っぽくてやだな。

2009.03.29 06:50 URL | 要人(かなめびと) #- [ 編集 ]


かわい-な!笑
16じゃオレも生まれてねぇな!
こんなちっけ-くせに年上なのか!?

そして今日はすげーさみぃ件←

2009.03.29 09:20 URL | どりすけ! #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1662-994675cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。