Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

一茶記念館 「館長猫」毎朝出勤、夕方に退庁 長野


20090417-00000011-maip-soci-view-000.jpg


江戸時代の俳人・小林一茶(1763~1827)の出身地、長野県信濃町の
町立一茶記念館に通ってくる雄猫が、人気を呼んでいる。愛称は「館長猫」。
事務室に専用席が用意されるほどのVIP待遇で思わぬ“上司”の出現に職員も癒やされている。
一茶には猫を詠んだ作品が多く、今秋には企画展も予定している。
中村敦子学芸員は「猫を通じて一茶を身近に感じてほしい」と話している。

猫は記念館近くに住む杉山多美子さん(59)が飼う「杉山空(そら)」(2歳、雑種)。
記念館には08年8月下旬に姿を見せ始めた。初めは駐車場をうろつくだけだったが、
自動ドアを通って展示室や事務室まで来るようになったという。

毎朝午前8時ごろ「出勤」すると、事務室の机に飛び乗り、パソコンの前に座ったり
椅子に寝そべったり。館内を巡回して来館者にじゃれつき、おなかがすけば職員にねだる。
「退庁」は午後5時半。天気が悪い日は、小林豊雄館長が運転する車の助手席に
ちょこんと座り、自宅に送り届けてもらう。4月から妹の「杉山海(うみ)」(2歳、雑種)も
加わり、そろって来館者を迎えている。

同館によると、一茶が詠んだ猫の登場する俳句は300句以上に上り動物の中では最も
多いという。「猫の子が ちよいと押(おさ)へる おち葉哉(かな)」などが有名だ。飼い主の
杉山さんは「一茶は猫が好きだったみたいだけど、猫にも気があるのでは」と話している。



図太くて無神経だけどそこが良いのかしら・・・?

ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です

それにしても素晴らしい眉毛ですね
カットして差し上げましょうか
え?良い?
まあまあ遠慮なさらずに・・・
すいません引っ掻かないでください僕が悪う御座いました

自由気ままな生き物ですね、猫って
でも飼い猫だから出来たんだろうと思います

捨て猫だったらどうだろう・・・
人間に近づくかどうかすら不安
何も考えずに入って行けた辺り、可愛がられて居るんですね

妹ちゃんの写真も見てみたいです

そしてタイトルは本当に申し訳ない
自分で打っておいて気持ち悪くなってきました
吐いちゃうかもね
下品で本当にごめんなさい引っ掻くのは止めてください
 

出ましたよ・・・動物を○○長とか・・・。
何故こんなことをするんでしょうね。
私的にはイメージダウンだと思うんですがね。

2009.04.18 06:35 URL | 要人(かなめびと) #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1710-79c0ebf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。