Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

あれって写真じゃなかったの? 大相撲・優勝額の彩色家 佐藤寿々江さん(80)


20090517-00000517-san-soci-view-000.jpg


東京・両国国技館。
天井近くに32枚の大相撲幕内優勝力士の「優勝額」が掲げられている。
縦3・17メートル、横2・28メートル。重さ約80キロ。実物の力士の約1・5倍にあたる。
遠目にはカラー写真のようにも見えるが、実は白黒写真に油絵の具で色を塗ったものだ。
その着色作業を昭和26年以来、休むことなく1人で続けてきた彩色家である。

手掛けた優勝額は照国から始まり、初代若乃花、大鵬、北の湖、千代の富士、
貴乃花、朝青龍、先場所の白鵬に至るまで335枚に及ぶ。

「何回も優勝する力士は感じも変わってくる。千代の富士さんは初優勝の時は
体が小さくて余白がすごく広く感じたけど、だんだんと肉と風格が付いてきた。
顔付きや体形が変わっていくのを見るのは気持ちがいいものですよ」

優勝額の掲額が始まったのは明治42年。
昭和18年から色付けされるようになったが、戦時中に一時中断され、再開を託された。
亡き父親は、映画などの宣伝用写真の彩色家としては第一人者。
カラー写真が普及していなかった当時、白黒写真に絵の具で色を付ける「人工着色」は
一般的な技法だった。自身は特に絵の勉強をしたわけではないが、父親の関係先だった
宣伝会社から、この仕事を依頼されたという。

「なぜ私に回ってきたのか、あまりに昔のことでよく思いだせないんです。
でも性に合っていたんでしょう。自分でもよく飽きないなと思います」

                  ◇

現役力士は、もはや孫の世代。ポーズも時代とともに変わってきたという。
今は力を入れずに撮影する力士が増えたが、かつては拳を強く握り、
足の親指で地面をつかむように立った。その方が体に筋が際立ち、
緊張感と力感が出た絵になったからだ。

過去32場所分の優勝額は、年3回の東京場所の前日に前場所、前々場所の
2場所分を入れ替える。自前のアトリエを持たないため、直前にスタジオを借りて
2場所分の額を一気に仕上げる。写真撮影の日程やスタジオ予約の関係で、
3日半ほどで完成させなければならないこともあるという。

かつては、GHQ(連合国軍総司令部)の将校や皇族の写真を彩色する仕事にも
携わったが、力士特有の体の厚みや重量感を表現するまでには試行錯誤を繰り返した。
プロジェクターで写真を焼き付けた印画紙を横に倒しての作業。
脱脂綿と絵筆を使い分け、やや濃い色合いを使いながら、肌をなでるように絵の具を
伸ばしていく。客席からは見えにくい目の黒目の部分など細部にまでこだわる。

1日8時間、立ちっぱなしの日もあるが、息を詰め、「気持ちが切れるから」と
途中で食事も休憩も取らずに塗り上げる。
終わると体重が数キロ落ちるというが、達成感には代えられないという。

「4カ月に1度という間隔がいいんでしょうね。この仕事やっているからこそ、
この年になっても元気なんだと思います」

                  ◇

長続きの秘訣は家族の支えと理解があったからだ。長女がおなかにいた妊娠9カ月の
時も断らなかった。夫は晩年、10年近く心臓病を患っていたが、看病を続けながら
優勝額に向かった。「君がやらないと大変なことになる」。夫は逆に励ましてくれた。

「辞めようと思ったことは一度もない。プレッシャーもないけど、1人だから使命感
みたいなものは感じてやってきた」

過去に押しかけ弟子や知人から頼まれた教え子志願はいたが、
「自分はものを教えるタイプじゃない」と全員断った。

優勝額の事業主である毎日新聞社は
「後継者についてはまだ考えていない」としている。
本人は「私で終わり。カラー写真になっても影響はないんじゃないですか」とそっけない。

しかし手作業で、ていねいに力士の体を表現した優勝額は世界でたった1枚の作品。
国技館から外された後の額は、力士の母校や出身地などに寄贈され、大切に保管されるという。

「目標もないし、そのうち寿命が来るかもしれない。でも、まだまだできるかなって気はする」

照れを隠すように「現役続行」を宣言した。24日に千秋楽を迎える5月場所で、
336枚目の優勝額に収まる力士が決まる。



むしろ1%でも構いません

ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です

両国国技館に出向いたことがないので実際に見たことはないのですが、
今こうして画像を見ていてもカラー写真としか思えませんでした
最初見たとき「何してんだろこの人」みたいに思いましたもん
ごめんなさい佐藤さん

次の記事では佐藤寿々江さんの写真集的な感じにしようと思っています
ちょうど載せたい画像が多いのですが、何分スペースが無くて・・・
ネタが出来て良かったです、はい

力士さんからすればこの絵は本当に宝物なんでしょうね
これからも無理なさらずに、以外の言葉が述べにくいです

素直に尊敬できるんですよ、ほんと
 

凄いですね!
まだまだ現役で頑張って欲しいです。

2009.05.17 23:35 URL | @ハナジン #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1769-3296d9ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。