Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

盛岡に「バーチャル賢治さん」出現-聞き手の表情に合わせて小説を朗読


20090518-00000000-hsk_mo-l03-view-000.jpg


盛岡の歴史文化施設「もりおか啄木・賢治青春記念館
(盛岡市中ノ橋通1、TEL 019-604-8900 )で現在、仮想賢治システム展
「ようこそケンジ! コンピュータがつむぐ賢治の世界」が行われている。

同展では、宮澤賢治の顔の映像を投影した「プロジェクター内蔵マネキン」を展示。
前に座った人の表情を読み取りながら「注文の多い料理店」を朗読する。
画像解析やコンピュータグラフィックスの技術を用い、「仮想賢治」が声のトーンや
顔(画像)の表情を変えながら朗読するのが特徴で、朗読時間は約15分。
声はコンピューターによる人工音声で、マネキンに投影される宮澤賢治の顔は
親族のものを使った。

同技術は、岩手県立大学ソフトウエア情報学部藤田研究室が研究・開発したシステムで、
主にまゆや目、口など顔の表情から、喜び、驚き、恐れ、嫌悪、怒り、悲しみの6つの心理
状態を分析する。ここでサンプリングして得られた画像情報(参加者の表情)を基に随時更新・
改良を重ね、将来的には介護や教育、子育てなどの支援で利用が期待されているという。

「マネキンにはトレードマークの帽子や革靴のほか、当時の世相を反映した
和洋折衷の衣装を着せている」と同館の大櫻薫係長。
4月下旬からすでに200人ほどが参加しているといい、「少々怖いという感想もいただくが、
若い人はもちろん、年配の方も意外に楽しまれている」と話す。

展示時間は11時~16時(開館は18時)。8月9日まで。同展示の利用は無料。



 何 故 開 発 し た し

ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です

最初にYahoo!トップで見て本気で怖いと思って御免なさい
別に賢治さんが嫌いな訳じゃないんです
注文の多い料理店とか銀河鉄道の夜とか家にありますから許してください

何故か宮沢賢治と野口英世がかぶります
そんなに接点無いのに・・・
盛岡?花巻?猪苗代?
どうだっていいですね分かります

品川庄司の品川さんに似てると思う僕は散ればいい

是非やってみたいですね
コンピュータで何処まで出来るのか
限界というモノを見てみたい気がします

技術の進歩って素晴らしい
でももうちょっと顔色よく出来なかったのかなァ・・・
 

しかも、確かこの人、聞き手が飽きてくるとそれを察して
「今日はこのくらいにしときましょうかね」って話を止めるらしいです。

2009.05.19 06:41 URL | 要人(かなめびと) #- [ 編集 ]

賢治さんサイコー!

2009.05.19 19:56 URL | @ハナジン #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1771-167d4a98

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。