Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

一度でいいから味わいたい!! 500万円の純金製ビアジョッキでビールはいかが?


001.jpg

貴金属ジュエリーの老舗「GINZA TANAKA」では18日より、純金製ビアジョッキを販売する。
参考価格は500万円(金税込小売価格3,125円 / gの場合)。



ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です

今日は写真とか多いんで挟みつつ載せていこうかと
色が無いのが僕の言葉、緑色は記事と見分けてください
写真に写っているとの同じような色の甚平を着て記事を書いてます


003.jpg


純金製ビアジョッキはビール500ccが注げるサイズで、24金850gが使用されている。
モチーフとなっているのは日本の夏を演出する"竹"。
竹の幹を水平に割ったかのような形状の本体部分に、筍をイメージした持ち手が
付いている。また、GINZA TANAKAの工芸技術が駆使されており、
本体部分の表面には荒らし光沢、内面には鏡面仕上げが施されているほか、
持ち手部分には熟練の職人の手作業により、筍の皮模様が彫られている。

金は熱伝導率が高いため、暑い夏に冷たいビールを注げば、急速に冷えた
純金製ビアジョッキのできあがり。ビアジョッキの外側に水滴が付着し、
見た目にも涼しさを味わえるという。



随分と細かく作られているんですね
タケノコはこの間スーパーで700円くらいでした
とてもじゃない、買えん・・・
もうちょっと大きくて安ければ欲しいですけどさ


002.jpg


このほか、GINZA TANAKAでは夏の涼を楽しめる新作が登場。
26日より金箔地の黄金色の扇子、20日より18金製・銀製つりがね型風鈴が販売される。

黄金色の扇子は、京都に古くから伝わる伝統技術と金沢の金箔生産技術を取り入れて
創作された商品。金閣寺に使用されている金箔と同様に高い純金含有率(94%)の
素材が使われているとのこと。サイズは全長約22cm、桐箱入りで価格は2万円。



扇子で思い出しましたが、とあるクラスメートの男子が修学旅行の際、
浅草かアメ横で扇子を二本買ったそうです
何の為にだよ、って思いました
スピーチで言ってたときもみんな不思議そうでしたしね
でも無駄に大物感が出ると思います、扇子


004.jpg


つりがね型風鈴は、伝統的なつりがね型の丸みを帯びたフォルムに鏡面仕上げが施され、
シンプルなデザインながら貴金属の高貴な輝きが際立つ。
価格は18金製風鈴(約35g)が20万円、銀製風鈴(約24g)が1万2,000円。
また同じくつりがね型で、表面に横縞が入ったタイプの銀製風鈴(約60g)も1万2,000円で提供する



ふ、風鈴まで金銀に仕上げちゃうの・・・?
あれって涼しくするためのものですよね
どっちかといえば涼しくなるのは財布の中だと思います
涼しいって言うか、寂しい・・・

ものすごく無駄なような、ものすごく華やかなような
僕は買いませんけど、ネタとして何か一つ買ってみるのも面白いと思います

ちなみに僕は「金」と言われるとポケモンしか思い浮かびませんでした
 

な、長いよママン!
 

ビールは旨いんですかね?
金のジョッキで飲んだら…

でも欲しいですね( ^∀^)

2009.06.18 00:07 URL | @ハナジン #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1817-197112ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。