Mirage of Fantasy

ぼんやり頑張る高校生のブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
全英の鯉ファンが涙。 29キロの巨体、人気者のベンソンが死ぬ。


benson-may2008-biggest-carp.jpg
※この写真は2008年5月に撮影されたものです※


推定年齢25歳、重さ29キロ、黄金色の鱗が美しい堂々たる巨体。
イギリス・ケンブリッジシアーのブルーベル湖に28日、大きな鯉の死骸が浮かんだ。
釣り人から “ベンソン” と名付けられ、愛されてきた湖の主の、早過ぎる死であった。

ベンソンは推定25歳、あまりの大きさと色の美しさで英国中の鯉ファンの人気者であり、
ブルーベル湖の守護神のような存在と言われてきた。
今ブルーベル湖畔には代わる代わるベンソンのファンが訪れ、涙とともに巨大な鯉
ベンソンを抱いて最後の記念写真を撮影、安らかな眠りをと祈りを捧げている。

湖のオーナーであるトニー・ブリッジフットさんは、「タイムズ・オブ・ロンドン」の取材に、
ベンソンは全英の鯉ファンの注目を集め、ブルーベル湖の名を広めてくれた大切な存在、
地域の釣り人にとっても大きな自慢であっただけに喪失感は大きいと語っている。

ブルーベル湖はロンドンから北に135キロも離れているが、英国中の鯉のファンが
一目ベンソンを見ようとして、釣り道具を担いであるポイントに度々訪れていた。
第一発見者であるズー・ホワイトヘッドさんも、まさにその一人である。

「ベンソンを釣った最初の女性、なんてカッコいいじゃない?」という軽い気持ちで訪れた
ブルーベル湖であったが、人々がベンソンをここで釣るというポイントに行ってみると、
死骸となって湖面に浮いていたと話す。

こうした釣り人によりベンソンは、確認されているだけでも60回以上も釣られては放され、
釣られては放されを繰り返してきた。ブリッジフットさんは、50年は生きると見られてきた
ベンソンが、あっけなく25年で死んでしまったことに驚きと悲しみを隠せない。

悪意の誰かがエサに毒を盛った、ナッツを食べてしまった、何回も釣られたことの
口の痛みとトラウマやストレスから病気になってしまったなど、今は様々な可能性が
考えられるというが、特に最後の痛みから来るトラウマやストレスに起因する病気
という説については、専門家も興味を示している様子だ。



今日はYahoo!ニュース以外の所から引っ張って参りました

ちゃふ
こんばんは楚良 紗英です

恥ずかしながら僕、この“ベンソン”の存在を初めて知りました
釣りに興味があるわけでもなく、とうぜん英国にもさほど関心がない
しかし日本の池にこんなコイが居たら驚きを隠せませんね
僕の近所の公園にも大きめの池がありますが、
流石に此処までのサイズのコイは居ませんもん
精々通常レベルのコイです、ちっちゃい奴です

60回も釣られ放されたコイですか・・・
ショックなのかなぁ、純粋に寿命なのかなぁ
後者であることを望みます、心から

天国では幸せになって欲しいな、どこかの綺麗な水で!
 

この訃報、島谷君には伝えたのですか?

2009.08.05 23:40 URL | @ハナジン #- [ 編集 ]

そうだよ!島谷君にも金魚死んじゃったって伝えなきゃ!!

2009.08.06 07:07 URL | 要人(かなめびと) #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://25aliproject25.blog27.fc2.com/tb.php/1887-1806b15b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。